• twitter
  • facebook

ツアー

  • 所在地: 江原 華川郡 看東面
  • お問い合わせ: 華川郡 文化観光課 033-440-2543

破虜湖は 1938年日帝が大陸侵略を目的として華川郡看東面九万里に立てた水力発電所建設の際に生じた人工湖で1943年に竣工された。 6.25動乱期間中、国軍が中共軍の大攻勢を打ち破ったことを記念して故李承晩大統領が破虜湖という揮毫を自筆で書いたことから始まった名前であり、水深が深くて韓国では築造年代が一番古い湖だ。 6.25動乱以前は北朝鮮治下にあったが動乱以後収復し、発電施設の用量は10万5千kwで、鯉、ふななど各種の淡水魚が豊富で全国第1の釣り場として各地から釣りマニアが大勢訪れる。 1955年には破虜湖の周辺に故李承晩大統領の別荘が建てられ、幾度も訪れたと言うほど秀逸な景観を誇っている。

  • アクセス
    • 乗用車: ソウル(国道46号 )-清平-加平-春川-華川邑-看東面 九万里 (2時間20分所要)- 破虜湖(一円)
    • 市外バス: 東ソウル、上鳳洞ターミナル-清平-加平-春川-(1時間30分 所要)-華川邑 -看東面 九万里(10分所要)
    • 市内バス: 華川邑- 九万里 -破虜湖-竜湖里-梧陰里-看尺(1日8便)
  • 市内バス時刻表
    • 華川発
      華川発
      6:45 8:00 9:50 11:30 1:30 3:00 4:30 6:50
    • 看尺発
      看尺発
      7:25 8:45 10:40 12:20 2:20 3:50 5:20 7:45